ピックアップ

雨の日の運転の注意点

雨の日の運転の注意点

雨の日の運転の注意点について説明します。
雨の日は制動距離(ブレーキを踏んでから車が完全に停車するまでの距離)が長くなるので、止まるまでに時間がかります。
タクシードライバーの雨の日の運転では、特に人に対して注意すべきです。
歩行者も傘をさし、視界が悪く下を向いているため車に気づかないことがあるのでドライバーはかなり気をつけるべきです。
夜の運転の場合はグレア現象に注意すべきです。
グレア現象は、センターラインや停止線などが見えなくなる現象です。
グレア現象は、雨の日に関わらず起きる現象です。対向車と自車のライトが重なると光と光が反射してグレア現象が起きます。
また雨の日の高速では、ハイドロプレーニング現象というものがあります。
ハイドロプレーニング現象とは、車の水膜の上を走る状態で、タイヤの溝が排水できない状況で、ブレーキもハンドル操作もできなくなります。
雨の降り始めや鉄板というのもすべりやすいので危険です。そして水たまりや雨量が多い場所は、制動距離が長くなるので危険です。荷物が多かったり乗車人数も多くなるのも要因になります。
このようにならないために事前のチェックとして、タイヤの溝のチェックと空気圧のチェックを忘れずに行いましょう。

おすすめ