ピックアップ

ブレーキ技術を上げるコツ

ブレーキ技術を上げるコツ

ブレーキ技術を上げるコツを説明します。
タクシーの乗り心地で重要なことがブレーキングです。乗客が不快にならないブレーキングをすることが大切です。
教習所では、「ポンピングブレーキ」をするように教習されます。しかし、それは誤りです。
今の車にはABSと言われるブレーキがロックしそうな時に人間より早い反応速度でロックを回避する機能がついています。
ただポンピングブレーキにはブレーキランプを早めに点灯させ後続車に注意を促すという意味があります。この場合のポンピングブレーキは強く踏むよりブレーキランプを点灯させることが目的なのでそれほど強く踏む必要はありません。
またブレーキの力のかけ方にも注意することがあります。
それは、最初は強めにブレーキをかけ、徐々に弱めていく方法が良いブレーキングです。
最初は弱めにブレーキを開始して、徐々に強くブレーキをかけると、カックンカックンというブレーキのかけ方になり、乗客が不快な気分になったり、車酔いの原因になります。
ブレーキがうまいドライバーですと、車酔いすることはあまりないが、あまり得意ではないドライバーの運転ですと酔いやすくなります。
ドライバーを目指す方はブレーキングの技術を上げるのが良いでしょう。

おすすめ