ピックアップ

居眠り運転の対策

居眠り運転の対策

タクシードライバーの勤務形態は夜中も勤務したりするため、慣れるまでには運転中に眠くなる可能性があります。
しかし眠気のある状態で乗客を乗せることは大変危険でありやってはいけないことです。
そのようなことにならないように居眠り運転を防止する対策を紹介します。
1つ目は、十分に睡眠を取ることです。これは最低限必要なことです。勤務開始までしっかりと睡眠を取るようにしましょう。
2つ目は、ガムや昆布を食べることです。噛むという行為は、脳の血管を拡張し血流を良くして眠気をなくします。
3つ目は、糖分を摂ることです。血糖値の低下は疲労を感じさせ眠気に繋がります。休憩中などにアメやチョコレートなどを食べ、糖分を摂るようにしましょう。
4つ目は、カフェインを摂ることです。これは効果がかなり期待されます。コーヒーを飲んだり、ドラッグストアなどで売っている錠剤タイプのカフェインを摂るのもいいでしょう。
1錠でコーヒー1杯分のカフェインを摂ることができます。
ただし、飲んでから効果が出るまで30分程かかるので早めに摂りましょう。
他に体操し体を動かしたりすっぱいものを食べるというのも対策になります。
一番は、眠くならないコンディションを整えることが重要です。

おすすめ