転職面接で必ず聞かれる志望動機を考えることはかなり大変なことであり、転職活動で悩むところです。志望動機の伝え方について紹介します。
まず、なぜ志望動機を面接官は聞くのでしょうか。それには2つの大きなポイントがあります。

1つ目は、会社に必要な人材かを知りたいということです。
2つ目は、志望意志の強さを知りたいということです。
会社の方針に合っている人なのか、会社に対して貢献してもらえる人なのか、志望意志の強さ(本気度)も確認するために質問します。
事前にその転職先の社風を調べ自分とマッチしているか、貢献できる部分があるかどうか、また本気度を伝えることが大事です。

タクシードライバーの志望動機の例を次に述べます。
前職で大手配送センターでトラック運転手をしていた。モットーが安全運転で1度も事故を起こしたことがない。今後はさらに運転する仕事と深く関わっていきたいので志望した。トラック運転手としての経験や土地勘を活かせる。と言ったように前職の経験を活かして安全運転でタクシードライバーとして働いていきたいという強い志望意志が伝わるので面接官も前向きに採用を検討するでしょう。
履歴書などに記載する場合はスペースが限られているので、先に結論を述べ、理由を後述するのが良いでしょう。