福祉タクシーというのは、車イス等、歩行が難しい方向けのタクシーのことです。
福祉タクシーに言葉が似ているもので介護タクシーがあります。
福祉タクシーと介護タクシーの違いというのは、介護タクシーは、介護保険を使っている方が使えまして、歩行が難しい方が通院をしたり、役所に行き何らかの手続きをする際のみ利用可能です。その為、買い物に行きたい等という利用目的では使うことができないです。
その反面、福祉タクシーですと買い物に行きたい、旅行に行きたいという私用目的でも使うことができます。

福祉タクシーの運転手が介護職員初任者研修以上の資格がないと、家族等の同伴が必要です。
福祉タクシーは、介護保険の対象にはならないので、全て自分で負担することになりますが、自治体によって割安の助成制度があります。
神奈川県相模原市ですと、身体障害者手帳1級や2級等、市が認定すると有料で買う利用券を月に6枚交付しているようです。
このように地域により割安の制度があるので、自身の自治体に確認をして使うことができる制度は使う方がよいでしょう。
このようなタクシーを広めることにより、さまざまな方が、出かけやすく、生活しやすい社会へと変化するでしょう。