介護タクシーとは、障害のある方や高齢の方等の移動手段として行うサービスです。
輸送のサービスだけではなく、乗客の介護等も行うサービスです。
使う方は、介護保険を使い、このタクシーを使います。
上記に伴い、介護が必要な方以外では、介護タクシーを使うことができないです。
介護タクシーの運転手の業務は訪問介護サービスであり、サービスには3種類あります。
1つは、身体介護で、入浴介護や排せつ介護等のサービス。
もう1つは、生活援助で、料理や洗濯や掃除のサービス。
最後は、通院等の時に乗り降りを助けるサービス。
介護タクシーの運転手になる為には、二種免許と介護資格(介護職員初任者研修等)が必要となります。

介護タクシーの価格設定は、次の項目で構成されています。
1つは、タクシー代。
もう1つは、介添え代。
最後は、介護用品のレンタル代金です。
介護保険を使う場合の注意点が2つ挙げられます。
1つが、介護保険を使うことができる部分は、タクシー代の中で、介添え代金だけはということ。
もう1つが、家族が一緒に乗ることは基本的にはできないということ。
日本社会は高齢化が進みますので介護タクシーの運転手の需要も上がるでしょう。