タクシードライバーは、チップをもらえる数少ない職業の1つです。
海外では当たり前のようにあるチップですが日本ではその文化があまりないため珍しいことです。
日本でもタクシードライバーはチップをもらえることがあります。
日本の場合はチップを渡すときは小さな紙袋に包んで渡すのがマナーです。しかしタクシーの場合はお釣りをチップとして渡すため、現金をそのまま渡すことが多いです。
お釣りをチップの例ですと、1700円の利用料金に対して2000円渡し、お釣りの300円をチップとしてドライバーに渡すということがあります。

チップは、もらっても問題ありません。チップを渡されたにも関わらず断ってしまうと逆に乗客の気分も悪くなり、そのドライバーのタクシーや同じ会社のタクシーには乗らなくなります。
なので、チップを渡された時は、ありがたくもらう方がお互いにとって気持ちの良いことになります。
チップは、タクシー会社の決まりがなければ全額ドライバーのものとなるので臨時の副収入となります。
チップをもらうことは、サービスの対価でもあるので、常日頃から運転技術を磨き、安全に運転して、乗客が安心して乗ることができる運転を心がけて、努力することが大切です。